心の中のダイヤモンドとは!?

最近、知人が会社を独立することになり、そのお祝いパーティのようなものに参加してきました。
IT関連の会社のようなのですが、私にはまったく分からない分野なので、本当にすごいと感心してしまいます。
以前からバイタリティ溢れる人だったので、いつかは・・・とは考えていたようなのですが、やっぱりやってくれたようですね。
しかし色々と話を聞いてみると、経営者になるのは大変なことも多いようですね。
その知人も、経営の事やITの事をいろいろな本を読んだりして知識や心構えなどを学んでいたようです。
ゴマブックス【サイトは→経営・キャリア | 人気の電子書籍ならゴマブックス 】をよく利用していたようなのですが、その中でこんな本を読んだそうです。

「世界初「究極の継承」」

なんだかスケールの大きそうなタイトルですよね。
私も、日本初とか人類初なんて言葉にめっぽう弱い方なので、これはちょっと気になってしまいます。
心の中にあるダイヤモンドを次世代へ引き継ぐというテーマをもとに書かれているのですが、このダイヤモンドというのは、いろいろな大切なものを置き換えてこのように表現しているようです。
この本にも書かれていますが、本当に大切なものは目にはみえない・・・
だからこそ、大切に次の世代へ伝えていくことが必要なのだと感じました。